新卒サラリーマンにTOEIC800を達成させるブログ

英検1級TOEIC970のイワトビ先生が教え子のTOEIC800達成を応援しています。

TOEICに必要なのは〇〇〇〇力

文法力

リスニング力

読解力

 

どれももちろん重要なのだが、
part7を時間内に解き切るには、
スキミングやスキャニングと呼ばれる技術が不可欠である。

受験の読解問題などでも説明されることがあるが、
特に特殊なことではなく、
日常からやっていることでもある。

 

新聞をざっと眺めて面白そうな記事を探したり、
街で配られたチラシをパラ見して情報を得たり、
本の目次だけで内容を判断したり。

 

TOEICは実用の英語力を判断するので、日本語で日常的に使うスキルが英語でも使えなければならない。

 

 

〇〇〇〇力=情報処理力

 

 

といってもいいだろう。

 

タイトルという情報、書式という情報。もちろん文章の内容も情報だし、設問文も選択肢も情報である。
聞かれていないことを判断する 処理も、
書かれていないことを除外する能力も必須である。

 

日本語で同じことをして満点が取れないなら、
あなたはTOEIC攻略法を誤解している。


先にやるべきは、
何をしなければならないか、まず日本語で理解することだ。

 

日本語でできないことがあったなら、
どうすればそれができるようになるだろう、と考えるはずだ。

 

日本語で時間内に100%タスクが達成できるなら、それが英語でできなくなるのはなぜかもよく見えてくる。

 

その視点で対策を練った方がいい。

 

日本語TOEIC
ぜひ試してほしい。

 

実際、

新卒サラリーマンKは

1回分のpart7を55分かけて解き、

なんと4問も間違えた。

 

参考までに

Kが解いた問題を1ページだけ

紹介しよう。

f:id:rockhopper1910:20170720172123p:plain